備前焼 販売 窯元 小西陶古 作家 伊勢崎創 花器 茶器 酒器 ビアカップ コーヒーカップ 抹茶碗など
備前焼 創 GALLERY SENRIYAMA
備前焼 創 大阪府吹田市春日4-2-1-708
tel/fax:06-6338-6561
E-mail:
info@bizenyaki-so.com
 
HOME 店舗紹介 備前焼の種類

作家・窯元・紹介

備前焼取扱注意点 リンク集 お問い合わせ
    HOME»  作家/窯元 紹介

    作家/窯元 紹介

     

    備前焼の作家と窯元

    備前焼の窯元とは、窯を保有する人または組織をいいます。
    どのような作品をいくつ作るかは その代表が計画を立て、それに基づいて陶工さんが作品を作ります。
    代表者自身が作家である場合もあります。
    一般的に窯元では年に4~5回窯焚きが行われます。
    形や焼色の揃った、価格の手頃な商品をまとまった数量作ることができます。

    一方、備前焼の作家は、自分だけの窯をもち、自分で作品を作り、自分で焼く人です。
    陶工として、窯元や先輩作家のもとで修行した後に、独立する方が多いようです。
    通常 窯焚きは、年に1度だけ行います。
    個性のあらわれた味のある作品が魅力です。
    同じ作品は一度にあまり多く焼かれないため、希少性が高いことも特徴であり、人気が高まっている理由でもあります。

     

    備前焼の作家紹介

     

    伊勢崎 創( いせざき そう )本名:伊勢崎 創

     

    1968(昭和43)年
    岡山県無形文化財 伊勢崎 満の三男として 備前市伊部に生まれる。

    1987(昭和62)年
    岡山工業高校デザイン科を卒業後、作家 山下譲治に師事。その後、父 満からも指導を受ける。

    2001(平成13)年
    風光明媚な久々井に窯を築き独立。卓、紳、競と共に兄弟展を開くなど、伊勢崎4兄弟のひとりとしても著名。稜線を生かした花器・扁壺など造形的な作品も人気があり、丁寧さと器形の線を重視した作風が魅力の若手実力作家です。

     

     

     

    小西 陶造( こにし とうぞう )本名:小西 陶造

     

    1947(昭和22)年
    初代 小西陶古の孫として、備前市伊部に生まれる。窯元の家系に育ち自然に陶芸の道を志す。

    1970(昭和45)年
    日本大学を卒業後、本格的に陶芸の道に入る。翌年には早くも日本伝統工芸展に入選し、その後も 文化奨励賞・文部大臣賞・金重陶陽賞 等々受賞暦多数。「伝統とは古に今を重ねていく創造である」とし、独自の造形と焼成美の実現に向けて、現代に生きている。形・色・土味にこだわった作風は人気も高い。次代の「備前」界を担う、傑出した中堅実力作家です。

     

     

     

    木村 微風( きむら びふう )本名:木村 隆久

     

    1951(昭和26)年
    岡山県船穂町に生まれ、1969(昭和44)年県立水島工業高校卒業。

    1971(昭和46)年
    窯元 陶正園にて修行。

    1976(昭和51)年
    窯元 黄薇堂に入り、1980(昭和55)年より当主として二代目木村微風を襲名。備前焼本来の素朴なつくり方と焼き上がりを大切にし、温かみのある、安らぎを感じさせてくれる作風が持ち味です。

     

     

     

    備前焼の窯元紹介

     

    備前焼窯元 小西  陶古(こにし  とうこ)

    代々作家の家系で、明治初期の名工と云われた永見陶楽の孫にあたる初代小西陶古が、1926年(昭和元年)に窯元を設立。
    初代陶古は桟切の考案者として知られる。
    現当主は、初代の二女で1954年(昭和29年)に二代目を襲名し、伊部で一番大きい古来伝統のランマ窯で、松割木による焼成を守り、備前焼の伝統を受け継ぐ窯元として人気が高い。
    『桟切の陶古』、『細工物の陶古』として知られ、作品の丁寧な仕上げには定評がある。

     

     

     

    備前焼窯元 備 州 窯(びしゅうがま)

     

    備前焼 人間国宝 山本陶秀の発案で、その長男 山本雄一(岡山県 重要無形文化財指定)夫妻により 1973年(昭和48年)創設。
    夫人の山本宗秀が代表に就任。
    陶工たちは、雄一父子の指導のもと、陶秀・雄一の技と感性を受け継ぎ、茶器・花器・酒器 等々 幅広く製作。
    観光バスが10台も収容できる広い駐車場と 展示場・工房・登り窯・ガス窯 など最新の施設を備え、それらを常に開放。
    広く一般への備前焼の普及と浸透に大いに貢献している窯元といえる。

     

     

     

     

    備前焼窯元 五郎辺衛窯

     

    母体は、酢・醤油の醸造元の老舗 武用五郎辺衛商店で、1868年(明治元年)創業。
    1981年(昭和56年)窯元 五郎辺衛窯を設立。
    武用光一 現代表は、研究心旺盛な活動家として備前界でも知られ、備前焼に古くからつたわる伝承の科学的解明に取り組み、大きな話題を呼び注目されている。
    備前焼の実用的機能性に着目した作品は、同時に格調と趣きの深さをかもしだしている。